想いが言葉になり、応援してくれる人が現れた(YUNONさん、Webデザイナー)

最終更新日:2022年3月27日

YUNONさんのご感想

自分の仕事の方向性を見つめ直したいと思い、コーチングを受けました。コーチングを通じて、自己理解を深め、自分の想いが客観的な言葉になっていきました。ビジョンやミッションを言葉にすることができ、自分の想いを伝えれられるようになりました。

大きな変化としては、自分の想いが言葉に乗ることで、協力してくれたり応援してくれたりする人が現れたことです。周りの反応が変わり、想いが伝わるようになりました。

自分の内側の想いを言葉にすることは簡単ではありませんでしたが、言葉のプロと一緒に考えていけたので、安心して完成させられました。生きた言葉は辞書で簡単に見つかるものではないと思います。内なる想いを伝わる言葉にしてただけるサポートを受けられて本当によかったです。

YUNONさんのインスタグラム

☆ーーーー☆ーーーー☆ーーーー☆ーーーー☆ーーーー☆

【新しい道をひらく自分の軸を見つける】90分無料セミナーの9月の開催日程を決定いたしました。詳細はこちらのページをご覧ください。

 

 

関連記事


安倍大資(あべだいすけ)
プロコーチ、フルエール代表

日本経済新聞記者を12年務めた後、プロコーチとして独立。コーチング実績200h。理念作り実績4社+30人。

記者時代にリーダー2000人を取材。自分の理念をもち生きる起業家たちを取材する。自分自身は34歳の時に精神的どん底に。コーチングに出会い自分の価値観とビジョンで生きることを決意。「自分の軸を見つけて明確に言語化したい」という経営者や会社員の方など働く社会人向けにコーチングを届けている。

早稲田大学卒。京都芸術大学大学院でコーチングを研究中。CPCC(Co-Active®︎コーチ)

個人のHP