【書籍で取り上げていただきました】(中央経済社)

最終更新日:2021年11月30日
先月出版された「気象予報士試験 サクラサク勉強表」(中央経済社)に合格体験記を書かせていただきました。気象予報士10人の1人として、登場させていただきました。
私はちょうど5年前の2016年夏に気象予報士に合格しました。7回落ち8回目で合格しました。6年間もがきました。何度も落ち「予報士をめざしたこと自体、間違っていた」とすら悩み、もがき苦しんだ不器用な奮闘を、合格体験記として書かせていただくご縁をいただきました。
コーチング業で独立したいま、気象予報士試験に七転び八起きで合格した経験は、私の最も大きな心の支えの1つになっています。険しい山を乗り越えた先に、思っても見ない景色がある。その思いを胸に、クライアントの方々の勇気ある一歩を応援し続けていきたいと思います。
民放で活躍される方々など、10人それぞれが壁を乗り越えた話が詰まっています。気象予報士に興味のある方はもちろん、資格試験や困難に立ち向かっている方に届くメッセージが詰まっている良書に仕上がっています。
お近くの書店に立ち寄った際、気象のコーナーでお手にとってみていただけますと幸いです。

関連記事



安倍大資(あべだいすけ)
コーチ・執筆家(元・日本経済新聞記者)
フルエール代表

日経新聞で12年間(2009〜21年)記者として働く。各界のリーダー1000人を取材。300万人の読者に3000本の記事を執筆してきた。

20代前半から約10年間メンタル面の好不調の波に悩む。33歳の時に9ヶ月うつ状態に。人生に行き詰まり、価値観を徹底的に見つめ直すことで長年の悩みを解消した経験をもつ。「人は本当の願いに気づくことで変われる」という実体験からコーチに転身した。

中小経営者向けのクレド構築プログラムを主宰。年30社ペースで、共感される経営理念作りに取り組んでいる。


早稲田大学商学部卒、北九州市出身。

詳細なプロフィール
個人のHP

7月からバンライフで日本一周の旅をしています。仕事をしながらどのような旅をしているのかお伝えします。
10月18日に福島県で講演させていただきました。「300万人から共感される一言づくり〜『ブレない私』になる魔法のカード」をテーマに、マイクレドの作り方をお伝えしました。ライブ配信とあわせて100人以上の方にお集まりいただきました。