「未来がイメージできた」樹野佑司さん(起業家)

最終更新日:2021年9月15日

「未来をイメージさせてくれた」

【個人向けコーチングのご感想】
樹野佑司さま(起業家、習慣化コーチ)

取材とコーチングの融合という初めての経験で、新鮮でした。紙面は自分では絶対書けないクオリティです。自己紹介、ストーリー書くのはとても気が重い作業になりますし、書けたとしてもここまで人の心に届く文章は書けないと思います。内容に関しても「ここが抜けてる」というところはありませんでした。こちらが伝えたいメッセージの本質を押さえていただけました。

また「コーチの目」のフィードバックがとても嬉しいです。未来をイメージさせてくれるコメントを読むとやる気が沸いてきますね。早速、自分の部屋の見えるところに貼っておきたいと思います。

樹野佑司さまの紙面

樹野佑司さまのインスタグラム

 

 

コメントを残す

CAPTCHA


関連記事



安倍大資(あべだいすけ)
コーチ・執筆家(元・日本経済新聞記者)
フルエール代表

日経新聞で12年間(2009〜21年)記者として働く。各界のリーダー1000人を取材。300万人の読者に3000本の記事を執筆してきた。

20代前半から約10年間メンタル面の好不調の波に悩む。33歳の時に9ヶ月うつ状態に。人生に行き詰まり、価値観を徹底的に見つめ直すことで長年の悩みを解消した経験をもつ。「人は本当の願いに気づくことで変われる」という実体験からコーチに転身した。

中小経営者向けのクレド構築プログラムを主宰。年30社ペースで、共感される経営理念作りに取り組んでいる。


早稲田大学商学部卒、北九州市出身。

詳細なプロフィール
個人のHP

7月からバンライフで日本一周の旅をしています。仕事をしながらどのような旅をしているのかお伝えします。
10月18日に福島県で講演させていただきました。「300万人から共感される一言づくり〜『ブレない私』になる魔法のカード」をテーマに、マイクレドの作り方をお伝えしました。ライブ配信とあわせて100人以上の方にお集まりいただきました。