安倍大資プロフィール

早稲田大学商学部を卒業後、日本経済新聞記者に。12年間で官公庁や大企業、中小企業など1000人のリーダーを取材。300万人の読者に3000本の記事を執筆。

自分の内なる思いを伝わる言葉にしているリーダーに人が集まることを知る。共感を呼ぶ使命こそ成果の源泉だと気づき、リーダー向けコーチングプログラムを開発して21年4月に独立。山登りやキャンプなど自然好きで気象予報士試験に8回目で合格した。



安倍大資(あべだいすけ)
コーチ・執筆家(元・日本経済新聞記者)
フルエール代表

日経新聞で12年間(2009〜21年)記者として働く。各界のリーダー1000人を取材。300万人の読者に3000本の記事を執筆してきた。

20代前半から約10年間メンタル面の好不調の波に悩む。33歳の時に9ヶ月うつ状態に。人生に行き詰まり、価値観を徹底的に見つめ直すことで長年の悩みを解消した経験をもつ。「人は本当の願いに気づくことで変われる」という実体験からコーチに転身した。

中小経営者向けのクレド構築プログラムを主宰。年30社ペースで、共感される経営理念作りに取り組んでいる。


早稲田大学商学部卒、北九州市出身。

詳細なプロフィール
個人のHP

7月からバンライフで日本一周の旅をしています。仕事をしながらどのような旅をしているのかお伝えします。
10月18日に福島県で講演させていただきました。「300万人から共感される一言づくり〜『ブレない私』になる魔法のカード」をテーマに、マイクレドの作り方をお伝えしました。ライブ配信とあわせて100人以上の方にお集まりいただきました。